Photo diary from sajima

写真家 内田亜里のブログです

失くした季節

自然は美しい、という
行きずりの旅ごころはおしのけねばならない。
居着こうにも居着けなかった人と
そこでしかつなぎようのない命との間で
自然はつねに豊で無口だ。
喧噪に明け暮れた人になら
知っているのだ静寂の境がいかに遠いかを。
一直線になぜ蜥蜴が塀をよじのぼり
蝉がなぜ千年の耳鳴りをひびかせているかも。

出払った村でいよいよ静寂は闇より深いのだ。

金時鐘 「失くした季節」より


対馬から釜山に向かう船