Photo diary from sajima

写真家 内田亜里のブログです

写真を撮れ



「インドにいって、写真だめになったね。」



と、くすくすと笑いながら、双子の妹がささやきます。



「おう、上等だよ。」



そんな1人問答を、この広い部屋で繰り返すのもお手の物。




純粋無垢な自由があり、愛に溢れ、写真を探求できる時間がこれでもかとある。

で、
写真がまったくおもしろくない日々。

しかし暗いトンネルで1人体育座りをしていても、ただの気持ち悪い座敷童だと人はよけていくだけ。



ということで、写真学生がはじめて持つようなカメラ、ニコンのFM2をゴアの写真館でゲットし、
心機一転、撮影しようというワケ。


レンズは50ミリ1本。
このレンズはこの写真館の親父のお母様のもの。
とっても状態が良い。
このお母様はとても有名なカメラマンで、とある写真集の表紙にもなっているイカしたお母様。
今はもうなくなられているが、その写真集の表紙に移った凛とした強いまなざしは印象深い。



親父は言う。



「あんたラッキーだよ、このレンズはわたしの母のものだ、良い写真がとれるよ」





さんくす。





ゴアはポルトガルの影響が強く残る不思議な街。
ビートルズだって葉っぱを吸いにきた、かつてのヒッピーの聖地。


目の前の状況をまずはまっすぐにとらえればいい。
プロジェクトだから、コンセプトは重要だけれど、
そこからはみ出す、みにくいアヒルの子みたいな写真が最後にのこってくれたら
それでいいではないか。

で、なぜだかわからないけど、
変われるような感じがする。
いままでとは違った、
欠如してるけど、その具合が違うみたいな。
よくわかんないけど。
予感だけする。



来月にはマドライで展示、
来年にはサンティニケタンで滞在制作、
できたらポルトガルでも展示できたらイイネ!なんて、

周りはうごいているのです。



え?ぽるとがる?





ここは逃げ場がないのです。




やることは1つ。



甘えるな、

写真を撮れ。