Photo diary from sajima

写真家 内田亜里のブログです

ギタンジャリ(GITANJALI)

影が光を 追いかけるのをみつめ

夏のあとには 雨が来るのを

みちばたで こうして待っているのは

わたしの 言い知れない 歓びなのです

未知の大空から 便りを持ってくる 使者たちが

わたしに 挨拶して いそぎ足に 路を通って行く。

私の心の中は 喜びに充ち

過ぎ行く そよ風のいぶきは やさしい。




あけぼのから 夕ぐれまで わたしは

戸口の前に 坐っている。

すると 突然 幸福な瞬間が やってきて

私は 会えるにちがいない。

その間 わたしは たった一人で

ほほ笑み 歌をうたっている。

すると空気は 約束の香りで

みちみちてくる。


Rabindranath Tagore