Photo diary from sajima

写真家 内田亜里のブログです

「死のにおい、写真、愛の欠如。」

インドのなにに惹かれるのか。


におい。


ただ、それだけ。



夜の街を走る窓のないバスの中。
私の鼻腔を心地よく代わる代わるに過ぎ去ってゆくそのにおいは、
白檀のにおいであり、糞尿のにおいであり、麝香であり、腐敗のにおいであり、
性のにおいであり、生のにおいであり、死のにおいだ。


ここ、最近のこと。
これまでのわたしの写真が
とても愛が欠如し、
つまらないものだったと、
気づいてしまった、
インドはポンディチェリーで
1人、カレーをたべながら。


え?なに。


やべえ、


つまらねえ。


おおーーいえーすっ。





ということで、1から出直し。


無意識に写真は、継続とともに、それっぽくなってしまうもの。
ほんと、それっぽいだけ。


ああ、写真が撮れない、撮れない。
いいなあ、こういうの、きらいじゃないぜ。

そういうときは、カメラをかえるんだ、
どでかいカメラ、4台をまずはほおりだし、



35ミリフィルムカメラ



をどこかで買おう。



進んでは後ろへ戻る。
くるくるまわっては同じ場所にもどってくる紙ヒコーキのよう。


そんなもんさ。

でも、大丈夫。



様々なにおいはわたしを覚醒させ、
ひとたび昇天したら最後、
そこからが早いのが
写真制作のたのしいところ。



わたしたちには大きな愛がある、

インド、ケーララにて。