Photo diary from sajima

写真家 内田亜里のブログです

Nagano,Japan

仕事で長野に行きました。
霧ヶ峰高原では、レンゲツツジ、コバイケソウが満開です。
紅白のコントラストが緑に映えます。
レンゲツツジが咲き終わる頃、ニッコウキスゲが咲き始めます。
今度は草原が黄色一色になって、また違う景色。

こうして四季が巡っていく。
この爆発する自然の生命力は、どんなに聡明な頭をもつ人間にもつくりだせない
唯一無二の尊厳さをもつ。
私たちはそれを前にただ目を閉じて、頭を下げるだけしかできない。

それに反して先に進もうとすると、もう後戻りはできなくなる。

見えないところで生物が泣き、悲しんでいる事を知らなかったら。

i went to Nagano at my job.
Azalea and Varatrum stamineum are in magnificent bloom in Kirigamine highlands show very beautiful contrast of red and white.
next, Daylily will bloom, like a solid yellow carpet will be different view.
thus, the season will here again.

this explosive vitality of nature has the dignity of one and only.

if we advanced against this dignity of nature, can no longer go back again.
so, we should to know the fact that life on this planet is crying and fell sad.......