Photo diary from sajima

写真家 内田亜里のブログです

お知らせ

これから

2017年度 公益財団法人テルモ生命科学芸術財団の助成に採択されました。 この1年で、写真古典技法の研究をより進め、深めてまいります。 ありがとうございます。 3月は、撮影を続けていた対馬の撮影にも行き、母と娘と一緒に沖縄へも取材に行きました…

「遊魚」文学フリマに出店します!!

表紙写真、中ページに作品を掲載していただいている文学美術誌「遊魚」が文学フリマに出店します。 詳細は下記です。どうぞよろしくおねがいします。 第23回文学フリマ東京 ・HP→http://bunfree.net/?youkou・2016年11月23日(祝)11:00〜17:00 ・入場無料…

遊魚発売中です

今回も、表紙、中ページ担当しました。 よろしくお願いします。

メディキュット #わたしのがんばる脚

女性の美しい脚を維持するためにはかかせない「メディキュット」「メディキュット」のキャンペーンである、#わたしのがんばる脚 のための撮影をしました。インスタグラムに、#わたしのがんばる脚 をつけて、すてきな御御足を投稿してください!! http://m…

掲載誌 「遊魚」

言葉とヴィジュアルの交差「遊魚」の第3号が刊行されました。わたしは、1号2号と続き、表紙と8ページの写真を担当させていただきました。高島直之さんの中平卓馬や大嶋浩さんの写真のパラドクスなど、面白い内容となっています。どうぞよろしくおねがい…

大分県立美術館 モダン百花繚乱「大分世界美術館」−大分が世界に出会う、世界が大分に驚く「傑作名品200選」

大分より帰還しました。展覧会の詳細です。おすすめの展覧会です。 お近くにおたちよりの際には是非。大分県立美術館 開館記念展vol.1 モダン百花繚乱「大分世界美術館」−大分が世界に出会う、世界が大分に驚く「傑作名品200選」2015.03.25 会期:2015年4月2…

ポーラミュージアムアネックス展 

会期が残すところ、一週間をきりました。どうぞよろしくおねがいします。 ポーラミュージアムアネックス2015展 「ザ・ニュー・ヴィジョン」2015年4月7日(火)ー4月26日(日)会期中無休 於:ポーラミュージアムアネックス 入場無料 11:00-20:0…

展示のお知らせ

新作展示のお知らせ ポーラミュージアムアネックス2015展 「ザ・ニュー・ヴィジョン」2015年4月7日(火)ー4月26日(日)会期中無休 於:ポーラミュージアムアネックス 入場無料 11:00-20:00(入場は19:00まで)主催:公益財団法人ポーラ美術振…

内田亜里作品サイト

新しい内田亜里作品サイトができました。まだ作成中の項目が多くありますが、アドレスも変更になったのでおしらせします。なお、昔のアドレスもいきていますが、そちらはランダムな写真を掲載する予定です。 新しいアドレスはこちら!!!http://www.aliwork…

OPAM 誕生祭 大分県立美術館 トークショーのお知らせ

11月23日より、大分県立美術館の10日間限定の一般公開が始まります。下記、スケジュールでトークショーに参加しますのでお知らせいたします。11月23日 17:00−18:30(美術館展示室A、1階) ギャラリートーク 出演 中村錦平(陶芸家)、内田亜里(写…

展示のお知らせ OPAM誕生祭 大分県立美術館

展示のお知らせです。来春、開館する大分県立美術館の竣工記念イベント「OPAM誕生祭」にて展示をします。展覧会のために撮影した大分のモノクロシリーズから大型プリント20点、また続行中のプロジェクト約50点、 DVD上映など展示予定です。23日には、ギ…

国東半島へ 6 国東半島芸術祭

嵐の前の静な夜です。いま、国東半島では、国東半島芸術祭がやっています。 はじめて大分へ訪れた時に、学芸員のかたに連れて行っていただいた「ペトロカスイ岐部 記念公園」 の丘の上では、川俣正さんの作品など設置されているそうです。国東半島芸術祭 国…

言葉とヴィジュアルの交差「遊魚」発売

言葉とヴィジュアルの交差 「遊魚」発売中です。 わたしは、表紙と中4ページ写真を掲載していただきました。 今回も内容の濃いすてきな書籍ですので、書店でみかけたら是非チェックしてみてください。

日本へ帰国いたしました

インドから帰国いたしました。現地では、パソコンが飛んでしまったので2月から更新していませんが、 これからまたちょくちょくアップしていきます。1年間、内容の濃い研修となりました。インドとは一生の縁ができたと思います、すばらしい。しばらくは、横…

おしらせ

こちらの、サイトでブログなど紹介していただきました。いろいろな写真家のかたのページもみれますので、是非。 「女性写真家10人の目線が映しだす空気感から感じるもの、伝わること、広がる世界」http://follec-flack.blogspot.jp/2012/08/blog-post_17.h…

言葉とヴィジュアルの交差 雑誌 「游魚」

言葉とヴィジュアルの交差 雑誌 「游魚」が創刊されました。小説家、金石範氏のすばらしい小説「鴉の死」が掲載されています。また、私の作品と文章(4ページ)が掲載されています。 今回は表紙に私の作品「earthbound」からの写真を掲載していただきました…